ブランツには、日々多くのオーダーメイドのご依頼が寄せられます。
その過半数に当たるのが、「うちの愛犬・愛猫を創って!」です。
お仕事などでいつも一緒にいられない、とか、愛犬のグッズを
集めてるうちにそれが習慣になって…などなど。


中には、すでに亡くなってしまった愛犬の姿を、写真ではなく
ジュエリーとして半永久的に手元に残したい。と仰る方も
いらっしゃいます。インターネットで、愛犬の姿を探して
彷徨っている内に、うちの子そっくりなジュエリー屋さんに
巡り合った!とブランツのアイテムをお求めになられる方、
残された数枚の写真を基に、立体的に創って欲しいと仰る方。
そんな皆様の想いを形にするのが、ブランツのお仕事です。


ブランツのアニマルジュエリーと、他のペットジュエリーとの違い
弊社で制作するわんにゃんのジュエリーは、
そもそものコンセプトが違います。
「生物として可愛く、ジュエリーとして美しく」です。
人を描いた絵画が、リアル過ぎて怖いと感じた事はありませんか?
動物のジュエリーにもそれが当てはまります。

ブランツで重要視している事は、リアル過ぎて怖い…。
というところまで、わざと創り込まない事。
常に身に着ける装飾品として、美しい事。


そして、ご依頼人様の気持ちを伺い、反映する事です。
普通のお店は、デザインが決まるまでは密な打ち合わせ。
それから完成までは、全く見る事がなく、出来上がってきたものが
思っていたものと違う…。というケースがオーダーメイドで
かなり多く耳にします。
ブランツはデザインが決まってからも、密にご連絡します。
今こういう作業をしています、この部分を創っていますと
何度も写真付きのメールでお知らせをして、なんか違う…など
ご依頼人様の不安を少しでも和らげながら創る進行方法です。
途中でご依頼人様の気が変わる事や、ブランツ側で創っている最中に
閃いた事など、作業途中でも微調整をしながら一緒に創っていく、
それがブランツの社名にもなっている、ブランドの複数形
=会社とご依頼人様でひとつのジュエリーを創る事なのです。

今までに1,000点を超えるジュエリーを手掛けてきた職人による
手を抜かない仕事と、手を抜かないコミュニケーションで
あなただけが必要な、あなただけのジュエリーを創ります。