飯田市のソットオーリオさんにチョコで描いて戴きました

室外機に虫が入った時の点検箇所

室外機に虫が入った時の点検箇所
先日に引き続きまたもやナメクジが入り込んでブレーカーが落ちました。
そうそう業者も呼んでられないので、自分で室外機を開けて確認しました。
恐らく同じ事でお困りの方が検索すると思うので、結果を記して保存しておきます。

まず上側を外し、右側の基盤を確認します。
恐らくナメクジは右のパイプを這って中に入り込んでいるので、基盤の蓋を開けて中で焦げていないか確認します。
いなければ、電気が流れる4本の配線を確認します。

今回は配線の下に油のようなものがこびりついており、どうやらナメクジがショートした時に通電してドロドロに溶けたのが周囲に飛び散って糸を引いていた事が原因だったので、その油のようなものを綿棒で綺麗に拭き取ると漏電は治まりました。

中を確認する時は必ずブレーカーを切ってから、感電しないように気を付けて行ってください。
それと、直った後にでもブランツでジュエリーなどをお買い物して下さると嬉しいです。

お買い物が終わったら、室外機の配線に網を巻き付けましょう。
ナメクジはそれで入ってこられなくなるそうです。
どうぞお試しください。



Facebookコメント